東武野田線(アーバンパークライン) 愛宕駅から3分 


受付時間
 
月・火・木・金 8:30〜12:30/15:00〜19:30
土・日・祝日  8:30〜13:30
休診日
水曜日

電話でのお問合せ・ご予約はこちら

04-7121-1323

筋膜・腹膜タッチング療法

筋膜・腹膜タッチング療法とは?

一般的にいう筋膜リリース(はがす)にほぼ近く大変優しい手技です。

筋肉をおおっている筋膜は、車社会による影響・日常生活の中での座りっぱなし、ないしは立ちっぱなしによる運動不足・内科的疾患(代謝異常など)・日常生活、食生活の不摂生(暴飲暴食、喫煙、睡眠不足など)により筋肉を知らず知らずのうちに緊張させてしまいます。

その緊張した筋肉と筋膜をはがす(つまり、リリースする)ことで、筋肉の本来の動きを回復させる手法で、当院では、【筋膜・腹膜タッチング療法】と呼んでいます。

人によっては、ストレッチだけでは限界がある人も多数いらっしゃいます。また患者さんによっては、真面目過ぎるが故、過度のストレッチで「伸びたゴム状態」にしている方も見受けられます。

筋肉と筋膜の癒着は、身体に捻れを引き起こし、関節の変形・神経の圧迫(神経痛、しびれ)と言った症状をもたらす恐れが十分に考えられます。

したがって、当院では、特に大腰筋群と股関節周りの筋肉の動きの回復を目指して施術しております。

腰痛治療において、まず最初に注目するのは下記の二つの筋肉です。

大腰筋腸骨筋です。(当院では最も重要視している筋肉です

腰が痛くて伸ばせないと訴える患者さんはこの二つの筋肉(大腰筋と腸骨筋)が緊張していて、本来の動きができていません。

特に急性腰痛症、いわゆるギックリ腰(腰部捻挫)は、まさにこの二つの筋肉が伸び縮み出来ない状態であります。

大腰筋

腸骨筋

ご覧のように、この二つの筋肉は腰側(背部側)から触れることは不可能です。

ですから・・・・・

 

当院の施術は、たとえ腰痛と言えども腰側(背部側)からほとんど施術しないのが特徴です。           すべて反対側の腹部中心から行います。

脊柱起立筋

【注意】脊柱起立筋は押してはいけません!

腰痛症の時は特に注意が必要です。腰が痛むからといってついつい適当にむやみにもんだり、押したりしないで下さい。後で、かえって腰痛が悪化する恐れがあります。

なぜ、腰が痛くて曲がる(伸ばせない)のか?

正常な状態

大腰筋と腸骨筋が短くなって腰が伸びていない状態

更に、この大腰筋と腸骨筋の動きを妨げる筋肉が股関節周りの筋肉です。

その筋肉は A:臀部上部の筋肉 B:太ももの筋肉(前・後・内・外側))C:アキレス腱などが主であり、大腰筋と腸骨筋を下方へ引っ張っているのです。だから、腰が曲がる、ないしは伸びないという状態になるのです。

今までのことを要約すると…

イ・ロ・ハの状態

人は二足歩行の動物…

重力の何らかの影響によって支える機能を見失う時がある。その結果、背骨の関節が狭くなって腰部に支障が出る場合がある。(これは【いとう式】運動神経支持筋回復療法で解決できる)

しかし、当然そのような事がご自身にもうすでに起っているとは気づかないので、

やがて…

イ・腰は曲がる(伸びなくなる)

ロ・と同時に膝が曲がる

ハ・そして最後に、両肩が前方に突出する姿勢に       なり、だんだん猫背状態になっていく。この状態が特に高齢者には多くみら         れる。

場合によっては、症状が悪化して、ギックリ腰、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、いつのまにか骨折(圧迫骨折)という結果もあり得る。

 

当院の腰痛施術の手順は・・・

【いとう式】運動神経支持筋回復療法を行った(確認した)上で、

①大腰筋と腸骨筋の確認→腹部からの施術によって動きを作る

②臀筋の確認→中殿筋・梨状筋をゆるゆるにする

③太ももの筋肉→前面(大腿四頭筋など) 

       →後面(ハムストリングス筋・膝の後ろの筋肉など) 

       →内側(内側広筋など) 

       →外側(大腿筋膜張筋・外側広筋・腸脛靭帯など)

④アキレス腱→意外なところにも原因がある場合があります

 
 

 

しかも、ここまでのやらないと腰痛はそう簡単には解決できません。適当にちょろちょろと施術して良くなる、そんな甘いものではありません。

実例紹介

70歳 男性

・主訴 腰痛

・腰が伸びない。常に疼痛がある。

施術前  自然に立位した時、前方に傾いている

施術後 自然に立位しても腰が勝手に伸びている

85歳 女性

・主訴 腰痛

・左股関節、右膝関節共に人工関節置換術の既往歴

腰部以外の筋膜・腹膜タッチング療法

前鋸筋

背骨(頚・背部・腰部)は背骨のきわだけしか施術しない。それ以外に触れるとかえって悪化する。

肩関節疾患(特に五十肩など)は…

1、肩甲骨の動きに問題があるのか?

2、手の前腕から手先(3指・4指が中心に)に     問題があるのか?

3、それとも、前鋸筋(図参照)に問題があるのか?

この3点を診ればほとんど問題なく改善できる。

 

受診方法

  • 完全予約制
  • 服装はジーンズ・スカート・身体を締め付ける補正下着等は不可です。
  • 毎回、もっとも大切な事である(支えられる人)になっているかを常に確認します。
  • 施術料金は6,000円(税別)です。

その他の施術

    【いとう式】       運動神経支持筋回復療法

当院独自の治療法。

これは腰痛治療で一番最初に行うこと。

人間は二足歩行の動物。支えることはいかに重要な事か…。

  健康保険・労災・交通事故

骨折・脱臼・捻挫  打撲・挫傷である  ケガによる疾患。

仕事中・通勤途中のケガ。

交通事故のケガ。

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ

04-7121-1323

受付時間 
 
月・火・木・金 8:30〜12:30/15:00〜19:30
 土・日・祝日  8:30〜13:30

●休診日 水曜日

カレンダー

 
午前 ×
午後 × × ×

●受付時間  
月・火・木・金 
8:30〜12:30/15:00〜19:30 土・日・祝日
8:30〜13:30

●休診日 水曜日